通販のファッション売買で知っておきたいこと

通販のファッション売買では、流行配色を知っておくと便利です。
配色の基礎は、色相とトーンによる統一と、それぞれの変化の要素を組み合わせることで生まれる調和にあります。

通販によるファッション売買では、これが特に重要になってきます。

Scye情報をご紹介いたします。

同一色相配色や同一トーン配色をファッション用語ではトーン・オン・トーン配色や、トーン・イン・トーン配色というような名称でよく使っています。

通販のファッション売買では、配色についての統一、変化、調和とバランスを考慮するようにしましょう。

トーン・オン・トーン配色とは、赤なら赤の系統でまとめる配色のことで、同じ色味の濃淡による組み合わせです。

組み合わされる色のトーンが2つ以上で、色相は同一から類似までの同色系になります。



色みで統一し、トーンで変化をつけた配色です。トーン・イン・トーン配色とは、鮮やかな組み合わせであるとか、淡くまとめるといったように、同一トーン、同系トーンでまとめた配色のことです。

色相は同一から対照まで幅広く選ぶことができます。
トーンで統一して、色相で変化をつけた配色です。

今、評判なのはこちらのOKWave情報サイトについて考えます。

ドミナントカラー配色は、全体に赤みを持たせるとか、青みを持たせるとかして、まとまりを持たせたもので、これはトーン・オン・トーン配色の一種と言えます。同一色相や類似色相だけでまとめ、トーンで変化をつけた配色です。ドミナントトーン配色は多色使いの配色の1つで、全体をトーンで統一することにより、まとまりを出しますが、トーン・イン・トーンの一種で、同一トーンや類似トーンだけで構成し、色みを変化させた配色となります。